ダンス部への提案〜新しいDANCEのススメ#4「ヨガ」「脱力」

2024.05.28 COLUMN

<<「ヨガ」のススメ。

 

空間に溶け込んでいけば
自然にカラダが動くんです

 

アドバイザー:池田美佳(コンテンポラリーダンサー)

 

パワー、可動域、表現力、 しなやかさ
それらはすべて 「脱力」から始まる!

 

「緊張しているとリキんでしまう」
「動きがカタいと言われます…」
「動きにメリハリが出ない」
…なんてお悩みはダンス初心者には「あるある」だろう。

これらの原因はすべて「脱力」に原因がある。
ダンスのみならず運動競技全般でトップアスリートと呼ばれる人は皆「脱力」することがうまい。素早い動きでも、しなやかな動きでも、パワフルな動きでも、まずは力を抜く=脱力することが大事なのだ。

イメージしてみればわかるだろう。ジャンプする時に一旦かがむように、緩めてから力を入れないと、その「力感の振り幅」はできない。
野球でもサッカーでも、スイング起動時は緩め、打つ・蹴るのインパクトの瞬間に一番力が入っていること大事だ。
ダンスならばポップダンスのヒットがわかりやすいだろう。筋肉を緩めて一瞬の間に締めることによって、ポップダンスならではのパワーとキレが出るわけだ。

力強さを出したいからと言って、筋トレばかりするのはナンセンスだ。筋トレと同時に「脱力トレーニング」を行なって、しなやかでかつ強い筋肉を作らなければいけない。

最近話題になったトレーニング本『最強の身体能力』(かんき出版)には、主に脱力をテーマにしたトレーニング方法が書かれている。
そこには「脱力トレ」の方法として ①腹圧を高める(お腹に力を入れる) ②ストレッチ系(可動域だけではなく緩める) ③揺らす系(力の抜き差し) ④落下系(急な脱落により、自重を動きに利用する) という順番のスキルアップ方法が解説されている。

ことダンスにおいてはどんなトレーニング方法があるだろうか?
ダンススタジアムの審査員も務めた、バレエ系のコンテンポラリーダンサーの第一人者・池田美佳さんに聞いてみた。

「私のレッスンではまず、寝た状態で全身を緩めるところからスタートします。体の中を緩めて、背中から手足を動かすような意識を持たないと、奥行きや空間を感じさせる動きにならないんですよね」

表現力豊かな池田さんのスタイルは、創作系のダンス部にはもっとも参考になるところだろう。広い可動域はもちろん、柔軟性としなやかさ、そして力強さが女性の美しさを際立たせている。

「やはり時間をかけて、細かい身体訓練やバレエの技術を学ぶ必要があると思いますが、そういうことを知っているか、意識できているかで普段の練習の質も変わっていくと思います。今は、SNSの画面でダンスを見せることが流行っていますが、ステージで勝負するなら360度の空間を自由に使うことが重要。空間に溶け込んでいくような脱力ができれば、体が自然に動いてくれるような感覚になれると思います」

池田さんのレッスンでは、脱力するための意識の持ち方や呼吸法、トレーニング方法、ダンスへの応用などをレクチャーしてくれる。すぐにはマスターできないが、自分たちの普段の練習に活かせるメソッドがたくさんあり、特にフロアワークやアクロバットなども取り入れていきたいというダンス部にはピッタリの内容になるはずだ。

「カラダのリキみは心のリキみにつながり、表現もカタくなってしまいます。自分の潜在能力を引き出す〝脱力〟のコツを覚えていきましょう!」

 

▲池田さんが以前にトキワ松学園(東京)に行なったダンスク主催のWS。脱力することに重点が置かれていた。

 

★WORKSHOP開催★
ダンス部向け「脱力」ワークショップ
講師:池田美佳
「脱力」をテーマにした高校ダンス部訪問ワークショップ。
ジャンルはバレエ~ジャズをベースにした、コンテンポラリーダンスだ。ぜひ自分たちのダンスを「解放」させるメソッドを学んでほしい。

>>エントリーはコチラのフォーム
もしくはダンスクInstagramへDMください!


新しいDANCEのススメ:CONTENTS
#1:フリースタイル
#2:ブレイキン
#3:TikTok
#4:ヨガ/脱力
#5:合同練習



  • 新しい学校のリーダーズのインタビュー掲載!