ダンスタ関東甲信越大会(A・Cブロック)から注目チームをピックアップ!

2019.08.09 HIGH SCHOOL

スモールクラス
2)東京都立町田総合高等学校
バスケのドリブル音に乗せたスピード感あふれるストリートダンス作品。純ヒップホップのチームが減ってきただけに逆に目立った

DSC09822

 

4)武南高等学校
この日唯一のブレイキンチーム。大技にはやはり会場が盛り上がる。ダンスの醍醐味の1つであるだけに、高校ダンス部界でももっと盛んになって欲しい。

DSC09849

 

5)駒場学園高等学校(東京)
和との融合モノだが、音どりが面白く、フェードアウト的に終わる感じも印象的。

DSC09852

 

8) 東京都立狛江高等学校
ビッグクラスに続き、こちらも素晴らしい作品。音どり、緩急、世界観。他校が学ぶべきエッセンスがたくさんある。

DSC09869

 

12)東京都立篠崎高等学校
かわいい学園衣装でイカついヒップホップのバランスが面白い。演技の混ぜ方もバランス良い。

DSC09874

 

18)目黒日本大学高等学校
日出学園から改称。高い身体能力で圧倒するダンス。毎年、ここまでのフィジカルを作るのはどんなトレーニングがあるのだろう。

DSC09881

 

19)國學院高等学校(東京)
男子だけの立ち踊りのチームは珍しい。やはりパワーやステップやヒットの強さが違うので、見応えある。

DSC09897

 

21)神奈川県立川崎北高等学校
得意のヒップホップをベースにしながら予想のつかない展開で魅了する。スモールクラスならではの個の強さを見せる。

DSC09902

 

26)東京都立東大和高等学校
勢いと気合いのみなぎり度ではこの日トップクラス。伝統として守ってもらいたい。

DSC09909

 

30)神奈川県立百合丘高等学校
選曲・衣装・音取り、すべてセンス良く、メンバーも顔もくっきり見えてくる。良いチームはこのスモールクラスの人数である必然が見えてくるのだ。

DSC09916

 

32)朋優学院高等学校
ノリ、表情、衣装にこなれたヒップホップ感がある。同校のキャラとしてこれからもトンガっていってほしい作風だ。

DSC09927

 

【Aブロック結果】

〜ビッグクラス〜
優勝:明治学院東村山高等学校(東京)
準優勝:日本大学明誠高等学校(山梨)
3位:國學院高等学校(東京)
入賞
武南高等学校(
埼玉)
品川女子学院高等学校(東京)
東京都立狛江高等学校
横浜創英高等学校
東京都立鷺宮高等学校

〜スモールクラス〜
優勝:目黒日本大学高等学校(東京)
準優勝:神奈川県立百合丘高等学校
3位:東京都立狛江高等学校
入賞:
東京都立町田総合高等学校
武南高等学校(埼玉)
神奈川県立川崎北高等学校
朋優学院高等学校(東京)

 

〜Aブロック所感〜
全体のダンス力が上がっているが、音負けしているダンスが目立つ。EDMなどビートが強すぎて、ダンスが追いついていない状況だ。だから、ダンスに余裕が持てない(それが観客に伝わる)。
選曲は好き嫌いだけではなく、自分たちがやりたい踊りにフィットする音楽を慎重に選ぼう。

予選突破確実と言われた学校のまさかの敗退もあった。古豪の復活もあった。
全国にいくのはより困難になっているが、それでも結果を出す強豪校はやはり地力が違う。
基礎の徹底によるダンスの安定感とオリジナリティのバランス。
音取りの的確さ、さらには弱火のかけ方(弱く踊る部分の表現力)がうまいのだ。

 

>>Cブロックへ



  • 三浦大知を支えるTOPダンサー。12/8@高田馬場ESP学園でWS開催!