ダンススタジアム2019年ビッグクラス優勝は帝塚山学院!出場50チーム写真付きレポート

2019.08.18 HIGH SCHOOL

続いてダンスススタジアム全チームレポート「ビッグクラス」いきましょう!
>>昨年レポートはコチラ

前日のスモールクラスに続きダンスク編集長の石原によるアドバイスコメントでお送りします。
レポートは演技を見ながらリアルタイムで書いているので、結果が出る前に評価したものです。

いち意見として参考にしてもらえればと思います。

 

1)横浜創英高等学校(神奈川)
ダンスタらしいエンタメ感溢れる作品。工事現場をテーマにコミカルな演技要素を盛り込んでオープニングを盛り上げた。

_DAN8741

 

2)國學院高等学校(東京)
プレイヤーからチアダンサーへ様変わりする二部構成がうまく練られている。タットをうまく使った見せ方が印象的だった。

_DAN9038

 

3)愛知県立千種高等学校
冒頭からミステリアスな佇まいでつかむ。全体的にトライバル(民族的)なムードがあり、振り付けにも独創性が見られる。

_DAN9549

 

4)二松學舍大学附属高等学校(東京)
非常に鍛えられたポップダンスを基調に適度なバウンス感としなやかさが心地よい。同校ならではの悪ガキっぽい雰囲気が観客を惹きつける。

_DAN9797

 

5)東京都立八潮高等学校
DA PUMPからJ Soul、オタクまで流行りのダンスを組み込んだエンタメ作品。令和を祝うムードも微笑ましい。

_DAN0165

 

6)栄徳高等学校(愛知)
バネの効きまくったニュージャックスイングのユニゾンで攻める。高校生らしいさわやかさ。

_DAN0339

 

7)神奈川県立川和高等学校
衣装の裏表やカノンを効果的に使う同校得意の構成。クラシックの有名曲をサンプリングした楽曲と、フォーメーションでの見せ方は大舞台でよく映える。

_DAN0728

 

8)神奈川県立光陵高等学校
こちらも構成とフォーメーションで見せるエンタメ作品。まるでテーマパークにいるような楽しい気分になる。

_DAN0943

 

9)大阪府立東百舌鳥高等学校
音先で徐々に人数が増える構成がカッコいい。キレキレのロックダンスのユニゾンが圧巻、これまでの同校の作品から一皮向けた印象。

_DAN1426

 

10)大阪府立箕面高等学校
ウェーブを活かした伸び縮みする群舞から、バキバキのポップ、そして力強いロックの¥ユニゾンへ持っていく同校得意のスタイル。毎年このクオリティをキープするのはやはりすごい。

_DAN1544

 

11)鎮西高等学校(熊本)
大柄の男子をセンターにした情熱的なジャズ作品。既視感のない作品でとにかくインパクトが強い。

_DAN1843

 

12)桐光学園高等学校(神奈川)
伸び縮みするような情熱的なパフォーマンス。ダンス力を補うような大きな振り付けと群舞の迫力で見せる。

_DAN2534

 

13)神奈川県立市ケ尾高等学
川和高校同様にこちらも群の動きで見せるスタイル。カウボーイをテーマに万人にわかりやすい世界観だが、曲の大胆なミックスでやや流れが途切れたか。

_DAN2625

 

14)帝塚山学院高等学校
しなやかな動きでの表現力とテンションが突出している。ほとんどリズムのない音楽で自在に音取りを変化させていく様は観客の感性を激しく揺さぶる。

_DAN3133

 

15)東京都立篠崎高等学校
和をモチーフにした音楽と衣装にロックダンスを合わせる。そのままの足し算で終わっていたので、掛け算になるようなひと工夫が欲しい。

_DAN3318

 

16)宮城県古川工業高等学校
ユニゾンを押し出していたが、もう少し精度とノリが欲しい。ステージから客席に放たれるようなエネルギーを!

_DAN3683

 

17)山村国際高等学校(埼玉)
ピアノの狂乱のシンフォニーをテーマにエネルギッシュなパフォーマンス。中盤の穏やかなパートではもう少しダンスの火力を抑えていれば、より効果的に見せることができたか。

_DAN3950

 

18)札幌龍谷学園高等学校(北海道)
強いビートと深いノリ。決勝では意外に少ない純ヒップホップチーム。曲の雰囲気とダンスをもっと近づける必要がありそうだ。

_DAN4228

 

19)京都府立山城高等学校
エンタメ系の作品だが、ダンス力があり構成もトリッキーなので、目を離せない面白さがあった。

_DAN4599

 

20)明治学院東村山高等学校(東京)
悪魔をモチーフにした世界観の徹底と曲とのマッチング、熱く煮えたぎるような構成が良い。

_DAN4823

 

21)仙台市立仙台商業高等学校(宮城)
和の世界観をワックで表現する王道手法。より丁寧なニュアンスや音の余韻まで表現できると良いだろう。

_DAN5256

 

22)沖縄県立読谷高等学校
しなやかな音取りが際立つ沖縄からの新鋭チーム。「This is Me」1曲使いも効果的だった。

_DAN5863

 

23)大阪府立摂津高等学校
こちらは関西らしいソウルフルなロックチーム。相当な体力を要する振り付けをよくこの大人数で合わせてきた。

_DAN6326

 

24)東京都立足立新田高等学校
デッキブラシとツナギでのヒップホップ定番の掃除夫スタイル。大きなノリで元気よく見せた。

_DAN6424

 

25)駒澤大学高等学校(東京)
ビッグクラスらしい、大人数の必然性を感じさせるスケールの大きな作品。カンフーモチーフの効果的な混ぜ方に加え、随所にあるサプライズ的な動きも効いている。強いアタック感とまるでクローンのようなユニゾンが圧巻。

_DAN7047

 

26)高知中央高等学校
棄権

>>27〜51チームへ



  • 三浦大知を支えるTOPダンサー。12/8@高田馬場ESP学園でWS開催!