福岡大若葉が初出場で優勝!第14回ダンススタジアム全国大会ビッグクラス全チームレポート!

2021.08.26 HIGH SCHOOL

コロナ禍においても、しっかりと対策を施した上で2年連続リアル開催となった「ダンススタジアム:第14回日本高校ダンス部選手権全国大会」。

8月19日に行なわれたビッグクラス全国大会を、恒例の全チームレポートいきましょう!

レポート:石原ヒサヨシ(ダンスク!)
写真:今井タカシ

 

京都府立山城高等学校
コミカルな演出でサラリーマンの悲哀をテンポ良く展開する。ユニゾンの精度にチームワークの良さを感じさせる。

 

神奈川県立市ケ尾高等学校
和のコンセプトにカノンや衣装替えでアクセントづける市ヶ尾得意のパターン。ダンス成分も強めてノリを出した。

 

桜丘高等学校(愛知)
ブレイキンやヒップホップで有名な桜丘が、女性らしさを打ち出したジャズ路線で決勝進出。体幹の強さが生み出すしなやかさが際立つ。

 

大阪府立堺西高等学校
ピアノの速弾きに乗せて、ワックとフォーメーション展開で畳みかける。大きなステージを大所帯でフルに使った。

 

山村国際高等学校(埼玉)
4〜5部の構成の中に見せ場があり、それをダイジェスト的に繋ぐ特殊な作品構造。振り付けには安定と意外性が交錯し、音感表現に情熱を乗せている。山村国際史上では最高の作品。

 

大阪市立汎愛高等学校
生き物をテーマにして作品作りをする汎愛は、気合いと力強さで風神雷神を表現する。

 

東京都立鷺宮高等学校
※欠場

 

鎮西高等学校(熊本)
日本語ラップをリリカルに強めなヒップホップで表現するという手法が面白い。高校生のリアルな想いともシンクロしている。鎮西のダンスはいつでもパッション全開!

 

二松學舍大学附属高等学校(東京)
まるで地響きのような強いヒットでストイックに序盤を作り、中盤からグルーヴを加速していく様がカッコいい。こだわりと存在感をしっかり示した。

 

東京都立三田高等学校
アラビアン風味を混ぜながら得意のフォーメーションや踊り分けで見せるパフォーマンスを展開。三田は「止め絵」の作り方が抜群にうまい!

 

沖縄県立浦添高等学校
沖縄テーマにこだわる浦添は、沖縄音楽に乗せてアップビートでダンスを展開。明るさと地元愛に満ちたパフォーマンス。

 

>>次のページへ



  • ダンス部専門YouTubeチャンネル【ダンスク!TV】樟蔭高校「圧倒的表現力の秘密」