福岡大若葉が初出場で優勝!第14回ダンススタジアム全国大会ビッグクラス全チームレポート!

2021.08.26 HIGH SCHOOL

>>前ページより

 

実践女子学園高等学校(東京)
衝撃のオープニングから、しっかりとしたダンス力の上にシアトリカルな展開には恐怖感すら覚える。同校にしかない圧巻のパフォーマンス。

 

関西学院高等部(兵庫)
表現とダンス力のレベルも高く、構成やバランスにも優れているが、欲を言えば何か明確なメッセージや見せ場が欲しいところだ。

 

神奈川県立横浜平沼高等学校
紅白をテーマにコミカルに華やかに展開。高校生らしいアイディアが散りばめられ、明るさとフレッシュさが伝わってくる。

 

愛知工業大学名電高等学校
※欠場

 

東京都立清瀬高等学校
ワックを武器に丹念に音にハメていくパフォーマンス。しなやかさや緩急の良さが印象に残る。

 

日本大学明誠高等学校(山梨)
人気曲「群青」のメッセージをスタイル系ヒップホップで表現。歌詞ハメのバランスも良く、ダンスの独自性とともに、イマドキ高校生の青春と汗がリアルに伝わってきた。

 

宮城県塩釜高等学校
軍隊の迫力と統制をヒップホップで表現。チームワークの強さを感じさせるパフォーマンスだ。

千葉敬愛高等学校
※欠場

 

大阪府立箕面高等学校
スモール常勝校はビッグでも意欲的。ポップ&ロックの主武器は変わらずとも、随所の遊びや選曲に変化が見られる。

 

北星学園女子高等学校(北海道)
天気の移り変わりをテーマに情熱的なジャズダンスで展開。もっとテーマ・音楽・衣装のバランスをとりたいところ。

 

神奈川県立百合丘高等学校
コンセプトものヒップホップに磨きをかける百合丘は「和」の世界観をストリートにマッシュアップ。衣装や仮面も印象に残る。

 

天理高等学校(奈良)
トライバルな独特の世界観。ダンスの独創性や自由さはそのままに、もっとクリアに見せていくべきところは徹底したい。

 

>>次のページへ



  • ダンス部専門YouTubeチャンネル【ダンスク!TV】樟蔭高校「圧倒的表現力の秘密」