ダンススタジアム 春の新人戦2016〜東日本ビッグクラス優勝は「神奈川県立川和高校」

2016.03.30 REPORT


11 )千葉敬愛高等学校
非常にチーム力の高い常勝校。ヒップホップ、ロック、パンキングとシンクロ率とパワー感が飛び抜けている。

3位
DSC07779


12)武蔵野女子学院高等学校(東京)
初々しさが1年生っぽいチーム。選曲も渋めだったために、まずはダンスを引っ張ってくれるようなキャッチーな曲で始めた方がいいかも。

DSC07783


13)三田国際学園高等学校
定番とも言える囚人+ヒップホップという見せ方で構成。審査席からは見えにくいが、メイクもそれぞれ個性的。

DSC07787


14)神奈川県立鎌倉高等学校
狙い目の良い工事現場の作業員というコンセプト。展開なども良いため、やや単調になってしまう振り付けを幅広くしたい。

ベストスマイル賞
DSC07788


15)宝仙学園高等学校女子部(東京)
マイケルの曲を次々にミックスして行くスピーディーな展開。センスの良さを活かしたこれからの活動に期待したい。

DSC07791


16 )宮城県古川工業高等学校
ストイックなヒップホップを繰り出すチーム。爆発力を身につければ、より作品に魅力が出るはず。

DSC07797


17 )神奈川県立大和西高等学校
高校ダンスでは珍しいレゲエを取り入れた女子チーム。オンリーワンのカッコ良さを目指せ!

横浜市長賞
DSC07801


18)東京都立世田谷総合高等学校
スイングジャズからパキパキのヒップホップまで、コンセプトのしっかりしたチーム。最後の「はずし」も印象的。

DSC07804


19)東京都立向丘高等学校
このメンバーでは最初で最後というクールなヒップホップチーム。やや大人数のパワーを活かしきれてなかったか。

DSC07806


20)品川女子学院(東京)
毎度コンセプトのしっかりした同校の今年は、「和尚と子坊主」! ストーリーもしっかり見え、今年の夏へ向けた作品の進化が楽しみだ。

2位
DSC07812

 

▶▶1〜10チームへ

▶▶21〜30チームへ

▶▶31〜40チームへ

 

 



  • 三浦大知を支えるTOPダンサー。12/8@高田馬場ESP学園でWS開催!