漢字二文字のDCCは「北九州市立」が優勝!2016年大会全チームレポート

2016.08.03 REPORT

【Cブロック】

南山国際高等学校
テーマ:偽和
和の衣装と曲で勝負する大所帯チーム。独創的な振り付けが多く、そこが学生らしさとも言えるところだが、音の取り方や全体の流れ、観客の心理操作というところまで意識できると、個々の振り付けの独創性もより活きてくるだろう。

small_160802_DSK_01643
small_160802_DSK_01674

 

山村学園高等学校
テーマ:長寿
>>FINAL進出
本大会で優勝経験もあるダンス部だが、とにかく創作性が抜きん出ている。おじいちゃんの扮装で昭和ほっこり感のあるネタを連発し、会場をドッと沸かせる。もうちょっとガッチリ踊りだけで見せる部分も欲しかったが、ダンスのエンタメとしての幅の広さを感じさせてくれた。

small_160802_DSK_01756
small_160802_DSK_01762

 

桐光学園高等学校
テーマ:魂愛
流行語の「アモーレ(笑)」を想う女性の気持ちを、序盤は叙情的に、その後は激しく表現。振り付けや構成は良いので、揃いのレベルや、個々の振り付けに込められている感情まで全員が意識していけると良いだろう。踊りを振り付けではなく演技や仕草として考えると良いのでは?

small_160802_DSK_01800
small_160802_DSK_01822

 

さいたま市立大宮西高等学校
テーマ:圧白
各大会で鮮烈な印象を残している白のヒップホップ衣装。強力なグルーヴ力には相当な説得力があるが、本大会のような大会で勝ち抜くには、プラスの独創性や、あえて抜くような緩急など、一般目線での客観性がもっと必要なのかもしれない。

small_160802_DSK_01883
small_160802_DSK_01952

 

品川女子学院
テーマ:修行
>>FINAL進出
>>Chiyoda賞✨
女子力の高いコンセプト作品で、本大会でも優秀な成績を残す学校だが、なんと今回は「お坊さん」。すでにこの時点で何をやっても面白くなってしまうお膳立てが出来ているが、しっかりとダンスとフォーメーションを見せていくことで、期待値にさらに加点してしまうという作りの作品となっている。最後の鐘の音が、日本人には問答無用。

small_160802_DSK_01989
small_160802_DSK_02016

 

茨城県立水戸第三高等学校
テーマ:上京
吉幾三からアギレラへつなぐ衝撃のミックスで、その後のダンスを見落としそうになるが、女性の強さとキレを表現するダンスでしっかり構成。やや詰め込み・欲張りすぎた感はあるので、振り付けの選択と集中をしても良かったか。

small_160802_DSK_02029
small_160802_DSK_02034

 

清明学院高等学校
テーマ:圧巻
強靭なグルーヴ力でビートと空間をコントロールし、常に同時進行で二手にパラレル展開していく構成で、見る者を飽きさせない。同じ2分半でも、印象は通常の2倍以上。時空に詰まった情報量がハンパないのだ。まさに圧巻。

small_160802_DSK_02145
small_160802_DSK_02203

 

豊島岡女子学園高等学校
テーマ:七色
前半のモノトーンを効かせたシリアスなダンスから一転、曲調も衣装もカラフルにハッピーに展開する。まるでタイプの違うダンスを2つ足した印象が先行してしまったので、かけ算の考え方というか、展開における共通キーや必然性が欲しい。

small_160802_DSK_02240
small_160802_DSK_02268

 

盈進学園東野高等学校
テーマ:闇帝
>>FINAL進出
>>準優勝?
>>ダンスチャンネル賞✨
暗黒を表現したオープニングは完璧。その後、目にも止まらぬスピード感には、相当の練習量とフィジカルの強さを感じさせる。いわゆる「突っ走り型」だが、2分半をさらに印象付けるために、「強くゆっくり踏ん張る」ようなところがあっても良かったか。

small_160802_DSK_02308
small_160802_DSK_02327

 

Aブロック>>
Bブロック>>
Cブロック>>
Dブロック・総評・バックステージ写真>>



  • 三浦大知を支えるTOPダンサー。12/8@高田馬場ESP学園でWS開催!