ビッグクラス優勝は神奈川県川和高校!2017年ダンススタジアム新人戦東日本大会

2017.03.30 REPORT

11)神奈川県立磯子高等学校
大所帯ひとりでできるもんマスクでダークな世界観を作る。審査員席が遠い位置にあるこの大会だけに、このチームの様に大きなフォーメーションチェンジや明確な世界観があるほうが有利だろう。

800_DSC06817

800_P3292279

 

12)横浜市立戸塚高等学校
カップル&レストランスタッフという設定の良さ、主要キャストの表現力の高さでひとつ抜けた印象を残す。ダンス面での説得力が増せばより良い作品になる。

800_DSC06831

800_DSC06822

 

13)錦城高等学校
マリオ&ルイージが意外なイカつめヒップホップでスタートかと思いきや、徐々にマリオの世界観へスライドしていく展開。ジャンプ力と元気のよさが印象的!

800_DSC06832

800_P3292293

 

 

14)埼玉県立伊奈学園総合高等学校
スペースカウボーイズ女子(?)による力強いヒップホップ。ユニゾンをもっと合わせていくだけで印象は上がるはず。

800_DSC06843

800_P3292302

 

15)東京都立狛江高等学校
2年生との合同作品として仕上げてきたというだけあって、作品として完成度が高い(ここで踊るのは1年生のみ)。1年生の育成や作品の仕上げ方として良い方法と言えるだろう。

800_DSC06857

800_P3292305

 

16)東京都立東大和高等学校
選曲、ファッション、ダンスすべてでストリートセンスが良い。ここまでで最もキレとグルーヴを感じさせるチームだ。ダンスしてきた!

800_DSC06859

800_DSC06864

 

17)神奈川県立横浜平沼高等学校
シンメトリー展開や扇子の使い方が自然な流れで心地よい。衣装の3色分けや構成やフォーメーションなど、よく練られた作品だ。

800_P3292319

800_DSC06871

 

18)神奈川県立川和高等学校
フィジカルとセンスに支えられた優秀なコミカル作品。選曲や衣装もポップで印象に残る。構成やフォーメーションも複雑で「何がどうなってるかわからないけど、面白い!」というような印象をもっと増していけば、今年は全国上位入賞が期待できるかも。

優勝?

800_DSC06882

800_P3292326

 

19)千葉敬愛高等学校
昨年関東勢で気を吐いた強豪校の新ネタ。伝統のパワフルなヒップホップをベースに、個々の動きとフォーメーションの伸び縮みでグルーヴを作る。今年も伸びていきそう!

3位✨

800_P3292329

800_DSC06891

 

20)神奈川学園高等学校
警察vs囚人の対比ネタ。とはいえ、両者が交代で踊って合っているような印象なので、双方の絡み方やキャラごとの踊り分けなどを工夫したい。

800_DSC06901

800_P3292333

 

1〜10)まではコチラ>>
21〜35)まではコチラ>>

 



  • 妥協せずに踊り進んでいく【菅原小春】がブルーノート東京ソロ公演で見せた「問いかけ」