冬のダンスタはバトル大会!東日本の優勝は「二松學舍大学付属高校」が4連覇達成!

2018.12.26 REPORT

1年の踊り納めといえば、ダンスタのバトル大会!
「チームダンスがメインの高校ダンスにバトル無理では…」と言われてから数年。
あっと言う間にハイレベルの戦いとなり、特に男子やブレイカーの活躍が年々目立つ。

とはいえ、初心者にも取り組みやすいよう1・2回戦はチームの持ち込み音源によるバトルとなり、3回戦からDJを入れた本格的なバトルとなる。

>>2017年大会のレポートはコチラ
>>2017年大会のレポートはコチラ
>>2018年西日本大会のレポートはコチラ

38校、計63チームが出場した東日本大会の全バトルの模様を追っていこう!

レポート:石原久佳(ダンスク!)

 

DSC09790

DSC09791

DSC09804

DSC09823

 

〜1回戦〜

(第1試合)
◯東京都立深沢高等学校(3代目いっちゃうとそれになっちゃうから)
vs
×品川エトワール女子高等学校(thx)

ロックとクランプで盛り上がる深沢にユニゾンで押す品川。パワフルな深沢に凱歌が上がる。(30

 (第2試合)
◯神奈川県立磯子高等学校(Infinity)
vs
×神奈川県立茅ヶ崎北陵高等学校(HDF)

神奈川の男子チーム対決。怒涛のブレイク技の磯子にユニークな選曲の茅ヶ崎北陵。選曲で個性が出せるのも本大会の取り組みやすさだ。(30

(第3試合)
◯明治学院高等学校(SPC1)
vs
×桜丘高等学校(LIL’cherry)
ポップのルーティンで攻める明治学院に大きなノリの桜丘。コンビネーションが光る明治学院の勝利。(30

(第4試合)
×群馬県立安中総合学園高等学校(8代目TOP ROBBERS)
vs
◯日本体育大学荏原高等学校(おののいもこ)
ニュージャックの選曲で攻める安中に、コミカルかつセクシーなルーティーンの荏原。キャラが濃い対決は荏原に!(21

 (第5試合)
◯埼玉県立杉戸高等学校(WKB48)
vs
×神奈川県立元石川高等学校(Blaze)

前半はオールドスクールなブレイク対決、後半は杉戸がクランプをかまし、元石川がルーティンで対抗。(21

(第6試合)
◯叡明高等学校(Redwin)
vs
×千葉敬愛高等学校(LUPEX)

ポップに切れ味と個性が光る叡明に、華やかでスタイリッシュな敬愛。好対決!(30

 (第7試合)
◯御殿場西高等学校(ONE MIND 2)
vs
×桜丘高等学校(Grim Sivaties)
ややおとなしめだった男子チーム対決。ブレイクの御殿場西に音取りの良い桜丘。(30 

(第8試合)
◯武南高等学校(Jam)
vs
×淑徳与野高等学校(STYLES)
チームプレイで盛り上がる武南に情熱的なダンスを繰り出す淑徳与野。わずかな差で惜敗。(21

(第9試合)
◯福島県立福島東高等学校(ARY crew)
vs
×国立富山高等専門学校(CRAY)
スタイルの似たブレイクチームの対決。後半のスピーディーなロックへの展開で福島東が勝利。(3−0)

(第10試合)
×関東第一高等学校(IRiS CREW2)
vs
◯淑徳与野高等学校(DUMPLING)
初心者ながらも奮闘する関東第一に、個々の存在感が光る淑徳与野。関東第一のソロもよかったが、チーム感で淑徳与野が勝利。(21

(第11試合)
◯関東第一高等学校(IRiS CREW1)
vs
×敬愛学園高等学校(野菜生活)
ブレイク組み技で盛り上がる関東第一に、まさかの曲被りの敬愛学園。好対決はより戦略的だった関東第一に。(30

(第12試合)
×本庄第一高等学校
vs(出場辞退)
◯国立富山高等専門学校(GENIES)

(第13試合)
×神奈川県立旭高等学校(旭高校ダンス部)
vs
◯明治学院高等学校(SPC2)
こちらも熱いブレイク対決。ソリッドなルーティンと大技で切り込んだ明治学院が微差で勝利。(21

(第14試合)
◯日本体育大学荏原高等学校(DANCE WARS)
vs
×日本大学明誠高等学校(たまごボーロ)
一転して緩めの立ち踊り対決。個性とチームワークで会場をロックした荏原が勝利。(30

 (第15試合)
×東京都深沢高等学校(成長期ですが、なにか・・・)
vs
◯御殿場西高等学校(ONE MIND1)
オシャレ系〜ハード系の選曲で攻める深沢に、流行りのダンスでコミカルに対抗する御殿場西。(21

(第16試合)
×白鵬女子高等学校(J★MARK)
vs
◯神奈川県立川崎北高等学校(D.D.D.)
セクシーなガールズの白鵬女子に、イカつくてエキセントリックな川崎北。パワーと勢いで川崎北がまくる。(30

(第17試合)
×高崎市立高崎経済大学附属高等学校(李も桃も桃のうち)
vs
◯埼玉県立杉戸高等学校(Sergent)
さわやかなロックの高崎に、しなやかなRBスタイルの杉戸。後半勝負の僅かな差で高崎へ。(21

(第18試合)
◯東京都立東大和高等学校(Daisy)
vs
×昌平高等学校(M&D)

この日珍しいヒップホップの男女チーム対決。よりアピール力の強い東大和が勝利。(30

(第19試合)
×高崎市立高崎経済大学附属高等学校(なめこ汁高校卓球部)
vs
◯日出高等学校(Burning Star)
ソロプレイで攻め立てる高崎に、多彩な技で対抗するダンス強豪校の日出。見せ方が抜群にうまい日出が圧倒。(30

(第20試合)
×白鵬女子高等学校(AGE)
vs
◯千葉県立幕張総合高等学校(Fleeek)
女子力強い白鵬に、表現力豊かな幕張。幕張の男子メンバーの存在感が光る!(30

(第21試合)
×東京都立武蔵丘高等学校(Te@s)
vs
◯岩倉高等学校(FIESTA)
初々しいチーム同士の立ち踊りの男女対決。(30 

(第22試合)
×武南高等学校(KeChe)
vs
◯横浜清風高等学校(301)
青春全開のロックダンス対決。後半は武南がアクロバットを見せるが、ルーティーンとコンビネーションがバッチリな横浜清風が勝利。(30

(第23試合)
◯叡明高等学校(Booganimation B)
vs
×横浜清風高等学校(QueenBee)

これは面白いポップvsヒップホップの実力派対決。コンビネーションで盛り上げた叡明が勝利!(30

(第24試合)
×東京都立つばさ総合高等学校(River Up)
vs
◯静岡県立浜松東高等学校(TRUST)
切れ味抜群のつばさのブレイクに、パワフルな浜松東のヒップホップ。(30)

(第25試合)
◯千葉県立幕張総合高等学校(Heads)
vs
×日本大学明誠高等学校(マナーモード)

実力派同士の対決は拮抗した内容だが、チームとしてのまとまりで幕張が勝利。(30

(第26試合)
×昌平高等学校(ゆりお)
vs
◯静岡県立浜松東高等学校(ill heads)
重めのヒップホップ対決が空気感が素晴らしい浜松東が勝利。(21

(第27試合)
◯二松學舎大学附属高等学校(チーム二松)
vs
×国立福島工業高等専門学校(All Range Crew)

バトル常勝校の二松學舎にアクロバットで対抗の福島。ファンキーなノリで二松學舎が圧倒!(21

(第28試合)
◯国立福島工業高等専門学校(PASSILLS)
vs
×東京都立福生高等学校(福生高校ブレイクダンス部)
衣装の決まった福島のポッピンに、日本語ラップのブレイク技で返す福生。後半はスリラーで福島が盛り上げ、勝利をものにした。(30 

(第29試合)
◯群馬県立安中総合学園高等学校(Angenes)
vs
×日出高等学校(#Right-on)
楽しいヒップホップ女子対決。余裕のグルーヴを繰り出す安中に、コンビ技に工夫が見られる日出。 

(第30試合)
◯川口市立高等学校(Throwing star)
vs
×福島県立福島東高等学校(ホワイトゴレイヌ)
初心者っぽいチームの緊張感溢れる対決。ロックの川口にブレイクの福島東の対決は川口に。(21)

 (第31試合)
×東京都立小松川高等学校(HAT—K)
vs
◯品川エトワール女子高等学校(Gaeseong!)
東京の男女チーム対決。チームワークとバランスの整ったエトワールの勝利。(30

(第32試合)
◯二松學舍大学附属高等学校(Butterfly effect)
vs
×東京都立福生高等学校(福生高校ブレイクダンス部B)

優勝候補の二松學舍が圧倒的なバトル力で勝利。(30

>>2回戦〜決勝へ



  • ダンス部が毎日一緒に使える基礎トレ動画「ストレッチ」「筋トレ」「アイソレ」公開!