冬のダンスタはバトル大会!東日本の優勝は「二松學舍大学付属高校」が4連覇達成!

2018.12.26 REPORT

>>1回戦より

(写真:1回戦の模様)

DSC00001

DSC09845

DSC09875

DSC09903

DSC09922

 

〜2回戦〜

(第1試合)
×都立深沢高等学校(3代目いっちゃうとそれになっちゃうから)
vs
◯神奈川県立磯子高等学校(Infinity)

気合いとテンションの深沢に、キレと大技で勝負の磯子。磯子が会場をロック!(30

(第2試合)
◯明治学院高等学校(SPC1)
vs
×日本体育大学荏原高等学校(おののいもこ)
よく練られたルーティンの明治学院に、いつも表情豊かな荏原。好勝負を明治学院がものにした。(21

(第3試合)
×埼玉県立杉戸高等学校(WKB48)
vs
◯叡明高等学校(Redwin)
ブガルー対決が面白い勝負。両者ともに遊び心に溢るムーヴも飛び出し会場を盛り上げた。(30

(第4試合)
◯御殿場西高等学校(ONE MIND 2)
vs
×武南高等学校(Jam)

遊びまくっている御殿場西のブレイクに、元気一杯の武南のロックダンス。ソロで基本の良さが光る御殿場が勝利。(30

(第5試合)
◯福島県立福島東高等学校(ARY crew)
vs
×淑徳与野高等学校(DUMPLING)

スピードとキレに強いフィジカルを感じさせる福島東が圧倒。2回戦になり余裕も出てきたか。(30) 

(第6試合)
×関東第一高等学校(IRiS CREW1)
vs
◯国立富山高等専門学校(GENIES)
ハイレベルのブレイク対軟体技という異色対決。富山のハーフのダンサーが会場を持っていった。(21 

(第7試合)
×明治学院高等学校(SPC2)
vs
◯日本体育大学荏原高等学校(DANCE WARS)
これはハイレベルなブレイクvsヒップホップ対決。より密度の高いムーブを繰り出した荏原が勝利。(30 

(第8試合)
×御殿場西高等学校(ONE MIND1)
vs
◯神奈川県立川崎北高等学校(D.D.D.)
ヒップホップ男女チーム対決。イカついグルーヴに定評のある川崎北の迫力が押した。(30

(第9試合)
×埼玉県立杉戸高等学校(Sergent)
vs
◯東京都立東大和高等学校(Daisy)
チームワークの良さを感じさせる両者。パフォーマンスに表情があった東大和が勝利。(21 

(第10試合)
×日出高等学校(Burning Star)
vs
◯千葉県立幕張総合高等学校(Fleeek)
全国レベルの強豪校対決。両チーム共に男子メンバーの表現力が素晴らしく。ベスト8クラスの好勝負は幕張に凱歌。(21

 (第11試合)
×岩倉高等学校(FIESTA)
vs
◯横浜清風高等学校(301)

男女ヒップホップ対決。ユニゾ力と気持ちの強さで横浜清風の女子が勝利。(21 

(第12試合)
◯叡明高等学校(Booganimation B)
vs
×静岡県立浜松東高等学校(TRUST)
コンビネーションが素晴らしい両チーム。アピール力と存在感で叡明が勝利。(30

(第13試合)
◯千葉県立幕張総合高等学校(Heads)
vs
×静岡県立浜松東高等学校(ill heads)
大きなウェーブで対決する前半に、強いヒットを混ぜる後半と似たスタイルでの対決だが、幕張のパワーが上回った。(30

(第14試合)
×二松學舎大学附属高等学校(チーム二松)
vs
◯国立福島工業高等専門学校(PASSILLS)
これもハイレベルなポッピン対決。後半の二松學舎はニュージャックで一気呵成に行くが、福島工業の鉄壁のポッピンに押し返された。(21

(第15試合)
◯群馬県立安中総合学園高等学校(Angenes)
vs
×川口市立高等学校(Throwing star)

よく練習されたユニゾンを見せる安中。川口がしなやかなロッキンで対抗するが、安中のチームワークが勝った。(30 

(第16試合)
×品川エトワール女子高等学校(Gaeseong!)
vs
◯二松學舍大学附属高等学校(Butterfly effect)
メリハリの効いたエトワールのヒップホップに、独創性の高いポップスタイルの二松學舎。毎年見る二松學舎の男子メンバーの体の効き方とセンスがすごい。(30 

 

〜3回戦〜

(第1試合)
◯神奈川県立磯子高等学校(Infinity)
vs
×明治学院高等学校(SPC1)

メリハリの効いたブレイクで構成する磯子に、さまざまな立ち踊りで対抗する明治学院。ブレイク1本勝負をしてきた磯子が上回った。(30)

(第2試合)
◯叡明高等学校(Redwin)
vs
×御殿場西高等学校(ONE MIND 2)

ポッピンのスキルで勝ち上がってきた叡明と個性的な技を繰り出す御殿場西。DJへの即応能力と経験値で叡明が勝ち上がった。(30 

(第3試合)
◯福島県立福島東高等学校(ARY crew)
vs
×国立富山高等専門学校(GENIES)
柔軟なウェーブを見せる福島に対し、いまひとつ乗り切れなかった富山。DJへの即応能力がシビアに問われる様相となってきた。(30 

(第4試合)
◯日本体育大学荏原高等学校(DANCE WARS)
vs
×神奈川県立川崎北高等学校(D.D.D.)
個性の強い荏原と、ストリート感たっぷりの川崎北の対決。荏原の組み技がハマり実力派対決を制した。(21

(第5試合)
×東京都立東大和高等学校(Daisy)
vs
◯千葉県立幕張総合高等学校(Fleeek)

同じような大きなヒップホップを武器にするが、幕張のほうがよりムーブに多彩さを見せた。(21 

(第6試合)
×横浜清風高等学校(301)
vs
◯叡明高等学校(Booganimation B)
ヒップホップとハウスを繰り出す清風と、体格の良い男子ポッパーの対決。バトル慣れの差が出たか。(30

 (第7試合)
×千葉県立幕張総合高等学校(Heads)
vs
◯国立福島工業高等専門学校(PASSILLS)

常勝校の幕張と彗星のように現れた鉄壁のポップチーム福島工業。福島工業がハイスキルで圧倒した。(30

(第8試合)
×群馬県立安中総合学園高等学校(Angenes)
vs
◯二松學舍大学附属高等学校(Butterfly effect)

大きなノリで攻める安中に、ルーティンをばっちりハメる二松學舎。全く中だるみのなかった二松學舎に。(30

>>準々決勝〜決勝へ(写真アリ)



  • ダンス部が毎日一緒に使える基礎トレ動画「ストレッチ」「筋トレ」「アイソレ」公開!