【レポート】みんな大好きシッキン! s**t kingzの最新の公演は「踊りまくり」のクリスマスPARTY!!

2019.12.25 DANCE

生バンドとのコラボや図書館をテーマにした舞台など、見るたびに進化を見せるs**t kingz(シットキングス)の最新公演は、原点に立ち返って「踊りまくり!」

s**t kingz DANCE LIVE 2019 「メリーオドリマX’mas」は大阪の2公演に続いて、12/21にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にてフィニッシュした!

早速その「踊りまくり」の様子をレポートしよう!

今回も生バンドをバックに冒頭から踊りまくりのショーを連発!
メンバーは4人なのに、広いステージと大きな会場をダンスのパワーとエネルギーで包む。新作ネタや図書館のネタなどを交え、シッキンらしい緩急の効いた表情豊かなダンスを繰り出していく。

磨きがかかったトークで会場をあたためたあとはソロコーナーだ。
リーダーshojiがまさしく踊りまくり、kazukiはスタイリッシュにキメる。
NOPPOはドラム演奏と絡み、Oguriは尾崎豊の名曲で最高の演舞。

ここから場面を変えて、白スーツのシッキンが実際にやっているラジオ番組を模した進行に。
星野源やサザンの曲やあっち向いてホイを使ったダンスなど、ダンスの幅や可能性を楽しく見せてくれる。

続いては、クリスマスをテーマにしたミニドラマ。
シッキン得意のコメディ調で、NOPPOがプレゼントを待つ子供役(デカい!)、飼い犬(笑)がkazuki、イケメンのサンタがOguri、サンタを狙うお色気ママがshoji(最高の演技!)。
本格的なダンスを使ったコメディの完成度は、すでに日本トップクラスだ。踊りまくりと言いつつも、しっかりダンス以外でも見せるシッキンの志の高さが伺える。

そして、今回の最大のサプライズ!
4人がそれぞれ楽器を演奏して、クリスマスソングを生演奏したのだ。
ホント「いつ練習したの?」と言いたくなるほどの完成度とノリの良さ、メンバーの器用さと努力を感じさせる場面だ。

終盤にはクリスマスっぽいスーツに着替えて、観客を巻き込んでの全員ダンス。
会場はダンサーばかりではないので、こういう時は躊躇して立たない観客もいるものだが、なんと全員が立って踊る!踊る!踊る!
シッキンの明るいエネルギーが会場をダンスの光で照らしたようなシーンだ。

エンディングはメンバーからお礼が一言ずつ。

モデル並みのルックスながら天然キャラで親しみやすいNOPPO
「ダンスをこれだけ大勢のみなさんと共有できて良かったです!」

高いダンス力とアーティスト性を持ち、メジャー活動でタレント性を大きく開花させたkazuki
「ダンスで前例がないことに挑戦するって…ワクワクしますよね!」

俳優のような表現力と華やかさで存在感抜群のOguri
「この4人なら不可能なことはないと思う。これからもみなさんとこういう幸せな時間を過ごしたい!」

リーダーであり、類い稀なタレント性と明るい声の持ち主shoji
「みなさんのエネルギーが何よりの支えです。感謝しかありません!」

【映像レポート】
【NEWS】この公演の模様は2月にWOWOWで放送決定!

シッキンは2020年、さらに大きな舞台に挑戦する。
「HELLO ROOMIES」
4人がルームメイトとして暮らす部屋を舞台に、また新しいチャレンジをする!
新国立劇場を皮切りに過去最大規模となる 4 万人を動員する 全国 7 都市開催の舞台だ。

2020年もシッキンの進化に期待!!

 

レポート:石原久佳(ダンスク!)



  • 帝塚山学院、光ヶ丘女子、樟蔭、強豪創作ダンス部へ潜入取材!