【動画】ダンスドリル予選突破へ挑む都立深沢高校の「渇きと進化」を追う!

2022.07.01 MOVIE

夏のダンス部大会の季節が近づいてきました!

その予選大会がそろそろ開かれている頃ですが、コロナ禍の時期に入部したきた今年の高校3年生は、「今年こそ全国で活躍したい!」と思っているダンス部員が多いはず!

そんなダンス部の1つが、東京都立深沢高等学校
大会やバトルの常連校ですが、いつも全国クラスの活躍まであと一歩!

YouTube『ダンスク!TV這い上がれ!ダンス部「渇きと進化」では、全国大会出場を目指す深沢高校の3年生に、特別コーチを送り込み、その成長と進化を見守りました。

前編/後編でお届けしたドキュメンタリー動画を振り返っていきましょう!

今回密着するのは3年生の5人。
スモールクラスで、ダンスドリルとダンススタジアムの予選突破を目指しています。

特別コーチMAAさんは、伝説のヒップホップチームRockWilderで活躍し、数々のキッズチームを全国優勝クラスに育て、高校ダンス部も短期間で全国レベルまで導くという指導力の高さ。

当初は、部員による振り付けにMAAさんが手直しをする、という予定だったが「絶対全国へ行きたい!」という願いを叶えるために、MAAさんが振り付けをすることになりました。

その代わり、部員の体力筋力アップを交換条件とします。
普段から体力の無さを自覚していた部員たちは、厳しいメニューに四苦八苦!

そして、彼女たちが普段やっている基礎練にもチェックが。
自分たちがやりたいダンスに繋がるように、目的意識を持ってトレーニングすることが大事なのだ!

本番まで時間がないので、早速フリ入れに入ります。
フリ入れはMAAさんの相方のNATSUKIさんが担当。
西海岸ヒップホップの音楽とフレーバーが注ぎ込まれたカッコいい作品です!

部長のモモカは自分たちの基礎力不足も痛感しています。
練習5日目には、筋トレをやらなかった部員たちに厳しい指摘が。
振り付けに焦るあまり、筋トレを怠っていた彼女たちに「もっとストイックに」「もっと全力で」取り組むように伝えました。

その日から彼女たちは目の色が変わります。

筋トレに加えて、ランニングも加えてスタミナ強化。
緩急のある振り付けに対応できるように、ストップ&ダッシュを加えます。

そして後編では、ダンスドリル予選大会を追いかけます。

MAAさんのスクールでキッズたちに刺激をもらい、当日の直前まで練習を重ね、会場まで歩いていきます。

いよいよ本番!

ダンスドリルは、チア系の大会であるため、フロアの真ん中での素灯りの演舞はヒップホップチームには慣れないもの。
それでも練習してきたダンスを全力でブツけます。

しかし本番後には、今ひとつ一体感がでなかったことを不安がるメンバーたち。

果たして、悲願の全国大会出場は果たせたでしょうか??

その結果はぜひ動画でチェックしてみてください!

【前編】

【後編】



  • 妥協せずに踊り進んでいく【菅原小春】がブルーノート東京ソロ公演で見せた「問いかけ」