【動画】音楽?振付?著作権にまつわる⚪︎×クイズに日大明誠高校ダンス部が挑戦!

2023.12.27 MOVIE

ダンスを始めて、曲を選んで、人前で踊ることになると、必ず絡んでくるのが「チョサクケン」?!

そう「著作権」

もしかしたら学校の授業でちょっと習った人もいるかもしれないね。

ネットで調べてみると…
「著作物」を創作した者(「著作者」)に与えられる、自分が創作した著作物を無断でコピーされたり、インターネットで利用されない権利です。
なんて解説が出てくる。

でも自分たちのダンスやその発表にどう絡んで来るのか?
正直よく知らないし、調べるのもなんか難しそう……。
ステージで踊ったり、コンテストに出たり、SNSでダンス動画をアップしたりする場面で、確かに人の曲を使ってるんだけど、部の担当者や先生がやってくれてることだし、SNSもみんながやってるからいいか……なんて認識がほとんどじゃないかな?!

でも、みんなのダンスをなるべく多くの人に見てもらうには、大きな会場やステージ、SNSやテレビなどのメディアに載っていくことは必要だよね。
そこで絶対に絡んでくるのが著作権。
もし違反してしまっても、「え、知らなかったから…」では済まされない。
最悪、法で罰せられてしまうかもしれないのだ!

そこで、ダンス部員たちに著作権にまつわる⚪︎×クイズに挑んでもらうことにしました。

『ダンスク!』が企画し、強豪の日大明誠高校ダンス部が登場、部活を応援するチャンネル「ブカピ部活ONE」で配信されている動画シリーズ
「著作権ってなんだ!?」の内容をダイジェストで紹介しましょう!

まずは、著作権の中でも音楽に関する「音楽著作権」についての出題!

それに対して、女子高生からいろんな意見が出ます!

正解は……動画(前編)を見てみてくださいね!!

 

他にも動画の前編では、こんな出題がありました。

ダンス部員には身近で気になる問題だよね!

部員たちがズバリ正解したり、意外な回答に驚いたり、楽しく音楽著作権を学べる動画になってますよ!

 

ちなみに後編の動画は「振付の著作権」や「撮影場所の著作権」に関して。

 

 

コピーダンスをしたり、振り付けを参考にしたり、引用したりすることってあると思うけど、それって実際、著作権上はアウトなの?OKなの?

ぜひ2つの動画で学んで、部のみんなにも共有して、それをダンス部の活動に活かして、みんなの将来の仕事にも役立てていってほしいです!



  • コーチング理論を使って自分で自分を鍛える!