HIGH SCHOOL DANCE COMPETITIONファイナル優勝は大阪府立登美丘高校「色男ダンス」

2019.04.21 HIGH SCHOOL

高校ダンス部大会HIGH SCHOOL DANCE COMPETITION

ストリートダンスイベント会社であるアノマリーが2015年から手がける大会で、全国予選ののちに両国国技館で開かれるダンスイベント「DANCE ALIVE HERO’S」にて決勝が行われる。

今シーズンのファイナル出場校は、関西地区から大阪府立登美丘高校、中部地区から桜丘高校、関東地区から日本大学明誠高校。

決勝戦は、出ハケのできない360°ステージで、高校ダンスに全く予備知識のない外国人ジャッジで行われるのが特徴だ。

1チーム目は登美丘高校
昨年の夏シーズンから続く「色男ダンス」のネタで挑戦だ。
随所にある小道具使いや笑いの演技はやはり登美丘ならでは。会場もどっと沸くエンタテインメントを披露した。

DSC03294

DSC03313

 

2チーム目は強豪ひしめく関東地区を抜けてきたダークホース、山梨の日大明誠高校
トリッキーなフォーメーションと無機質な世界観が芸術性高い。

DSC03324

DSC03333

 

3チームは桜丘高校
ストリートの雰囲気と遊び心をしっかりと結果に結びつける強さは中部地区随一。
ニュージャックスイングの心地よいグルーヴ感がダンスの楽しさと自由さを伝えてくれた。

DSC03347

DSC03359

 

結果発表は各チームの得点が発表される形で行なわれ(60点満点)、
登美丘高校=57点
日大明誠高校=47点
桜丘高校=46点
ということで、優勝は登美丘高校

DSC03371

DSC03376

エンタテインメント×アート×グルーヴと、それぞれ武器が異なる対決となったが、その多様性こそが高校ダンスの面白さ。
得点結果ほど3校に差はなかったように感じたが、オリジナリティとエンタテインメント性を重んじる外国人ジャッジだからこその結果と言えるだろう。

DSC03386

優勝した登美丘高校のakaneコーチからコメントをもらった。
「優勝の自信はありましたが、完璧なパフォーマンスを目標にしていたのでそれが達成できて良かったです。昨年の夏からのメンバーは半分ぐらい。しっかり踊り込んで練習の結果が出せました。今後ですか? “世界”を目指したいですね!」

登美丘高校、優勝おめでとう!



  • 5/15から全国ダンス部へ配付中!特集は「自主公演」