カッコいいのはいつも本物なんです——伝説HIPHOPチームの魂を受け継ぐ19歳「YOUTEE」の決意

2019.05.24 INTERVIEW

皆さんはRock Steady Crew(ロックステディクルー=RSC)をご存知だろうか。

RSCは1977年頃にアメリカはNYブロンクスで結成された、世界初のヒップホップチーム。
ヒップホップカルチャーとブレイクダンスを世界に広め、オリジナルメンバーのクレイジー・レッグスやミスター・ウィーグルスらは、現役ダンサーとして世界中から尊敬を受けている。

70年代にニューヨークのブロンクスで生まれたHIP HOP(DJ・ラップ・グラフティアート・ブレイクダンス・ファッションが一体となったカルチャー)。その流れを組んで77年にブロンクスで最初に結成されたHIP HOPチームが「ROCK STEADY CREW」。
数々の大物アーティストのビデオクリップや、映画「FLASH DANCE」「WILD STYLE」などで、その鮮やかなスタイルを垣間見ることが出来る。今年(2019年)42周年となる「ROCK STEADY CREW ANNIVERSARY」は今までの歴史やこれからのHIP HOPの発展を皆で確認し合う象徴として、毎年行われている。現在では、HIP HOPカルチャーを支える先端のカリスマとして、NYを本拠に全米を始め、世界各国に支部を持つ。
RSC MASAMI STUDIOのHPより引用

ここ日本にもRSCの支部があり、RSC MASAMI STUDIOのオーナーMASAMIさんが日本人初のRSCメンバー。
そして、若干11歳でメンバー入りを果たした日本人が今回紹介するYOUTEEこと安藝雄大朗だ。

DSC03503

この顔に見覚えのある人もいるかもしれない。
そのはず、彼はキッズの頃からさまざまなテレビ、CM、映画、MVなどのメディアで大活躍を続けているダンサーなのだ。
『ダンスク!』の前身雑誌である『ダンス・スタイル・キッズ』でも人気キッズモデルとして活躍。ダンスシーンではさまざまなコンテストやバトルでの賞を獲得している。

スクリーンショット 2019-05-23 17.36.39

▲高校生チームの登竜門「DANCE ATTACK!! 2018」ではOVERSTEP CREWとして見事優勝!

「自分の魂を売ってまで、自分の看板を汚してまで有名になりたいとは思わないんです」

高校を卒業し、19歳になる彼は決意表明のように語り出した。
彼が「魂」「看板」と言うのはもちろんRSCのこと。日本人メンバーとして、その伝統を受け継ぎ、広めていくことは彼の使命であり最優先事項なのだ。

「流行りのダンスを否定するわけではないけど、ストリートダンスの根っこにある部分が僕は一番カッコ良いと思っているんです。元々はパーティーダンスであって、そこからブレイクダンスが生まれて、西から東にポップダンスが伝わって…というRSCのダンスの流れがあります。自分がそこを辿ることによって——まだ辿っている最中ですが——自分のダンスが変わってきた感覚があるんです」

YOUTEEの得意スタイルはポップダンス。
180cmを超える長身と長い手足を使って、ダイナミックでエグいポップ&ヒット&ウェーブを繰り出す。そこから醸し出されるのはオールドスクールダンスを信奉する者だけに流れるフレーバーだ。

DSC03469

▲RSC MASAMIスタジオでのレッスン。かつての自分のようなキッズダンサーたちにRSC魂を伝える。

「今のダンサーはアスリート化してきたところがあるけど、本物にはカルチャーがあって根っこが強い。たとえモテなかったとしても本物がカッコいい。流行り廃りじゃなくて、カッコいいのはいつも本物なんです。RSCの魅力は、42年間続く歴史の間ずっとスタイルが変わっていないこと。去年、リーダーのレッグスから“これからはお前がRSCを引っ張っていってほしい”と言われて、自分の中でもついていく意識から、引っ張っていくことに変わっていきました」

彼ほどの実績とスキル、キャラクターがあれば、メジャー路線に進むこともできただろう。
でもYOUTEEは本物の魅力に取り憑かれ、それを受け継ぐ立場に大きな責任と生き甲斐を感じている。

「僕がもっと有名になれば影響力が出るから、RSCのことをより多くの人に伝えることができる。でも、そのなり方によって誤解されるのが一番怖いんです。魂を売ってまで有名になりたくない。だから日々根っこの部分を強くして、いつか有名になると信じて、有名になった時に長く支持されるような存在になりたいんです」

今年の春には高校を卒業し、現在は英語の専門学校へ通いながら、原宿のダンスウェア専門店「DANCERS COLLECTION 」のスタッフとしてアクティブに動く日々。
将来は、ダンスカルチャーに精通した通訳や人脈を活かしたコーディネーターとして活躍する日も遠くないかもしれない。
仕事はどういう形であろうと、彼の約束されたライフスタイルはRSCのメンバーであり、ヒップホップカルチャーの伝道師であること。

大きな存在を背負ったダンスは、強い。

DSC03538

◼️YOUTEE インスタグラム
◼️YOUTEE ツイッター

インタビュー&写真:石原久佳(ダンスク!)



  • 7/16から全国ダンス部へ配付中!特集は「顧問の考え」「日本ダンス大会」