【動画】ストリート系ダンス部「圧倒的違い」を生む【桜丘高校】の練習

2023.12.23 MOVIE

今回の「強豪校の練習シリーズ」はリクエストが多かった愛知の桜丘高校です!

ダンス部大会、特にストリート系の大会では抜群の強さを誇ります。
今年もハイダン全国優勝、チームダンス選手権も総合優勝!

近年では男子はスキルフルで華やかなブレイキン、女子はダイナミックなヒップホップで、他を寄せ付けない強さと魅力が!

動画を公開したので、そのダイジェストをこちらでお届けしましょう!

 

練習ポイントはコチラ!

独自の練習方法がいくつもあって、とても取材し甲斐がありました!

長年ダンス部を支え、独自の練習メニューや個性的な作品を生み出してきた顧問の棚橋先生。
部員からは「大ちゃん」と親しまれ、練習場でも一番デカい声で盛り上げるアツいアニキです!

 

体幹トレと言えば、普通はプランクなどがあるけど、桜丘のブレイキンチームはフリーズの形で体幹を鍛えます。
また、三点倒立の状態で脚で相撲を行ない、ゲーム感覚で体幹を鍛える練習も。

 

ブレイキンのフットワークや基本ムーブの練習は、バレエのレッスンのようにラインで連続してやっていきます。
これにより、上達者に見てもらうことで修正もでき、スタミナ強化や筋力増強も図れるでしょう。声を出し合って、テンションも高いです!

さらに紙コップを等間隔に置いて、そこを避けてフットワークなどを繰り出すユニークな練習も。
真ん中を通らないこと、わざと踊りずらくすることで、動きに独創性が生まれるのだ!

女子中心チームの練習もテンション高いです!
ヒップホップのリズムトレーニングから、形・角度・目線・奥行きなどを意識。
動かさない部分と思い切り動かす部分を、メリハリつけていくことで、桜丘特有の奥行き感・3D感・スケールのあるダンスが生まれるのです。
この意識は、「ダンスの神様」こと、故・坂見誠二さんから指導してもらったそうです!

 

強いストリート系ダンス部は、フリーやバトルが大好き!
…という法則(?)がありますが、桜丘ももちろん!

ジャンル違いも男女もレベル差も関係なく、どんどんフリーで踊り合います。
音楽を感じること、自分を解放すること、挑戦すること、認め合うこと。
それらを全身で感じながら、部員で今日しながら、さらにダンスを楽しんでいる様子が伺えました!

 

とにかく、桜丘はイイ顔して踊るんです!

 

全ダンス部必見!絶対に刺激や刺激になるはずです。

ぜひ動画をチェックしてくださいね!

桜丘の動画シリーズは、このあと「部員トーク」や「注目部員紹介(イケメン登場です!)」に続いていきます。お楽しみに!

 

レポート:石原ヒサヨシダンスク!



  • コーチング理論を使って自分で自分を鍛える!